【2017年3月頃?】 東京都 武蔵村山市 パチンコ オアシス1 閉店 レトロホール

こんばんは

クマ男です

本来なら、この間の記事の続きを書かなければいけないのでしょうが、もっと書きたいことがあったので、こちらを優先します

スポンサーリンク

以前の記事で、結構アクセスが多いのがこちらの記事です(って言っても微々たるものですが…(^^ゞ)

※新しいパチンコ屋閉店情報を記事にしました こんばんは クマ男です 飼い主の趣味と...

私の好きな、こういった昔ながらのパチンコ屋さんが、今はもう絶滅危惧種?なので、時間があったらそういう店を訪れるようにしています

定期的にそういうブログなどを見ているのですが、今から10ヵ月前くらいに訪れた、東京都武蔵村山市にあります「オアシス1」が閉店してしまったという記事を見かけたのです

閉店したパチンコ店の紹介。皆さんの思い出が詰まった懐かしいパチンコ店もあるかも?

もちろん本当なのでしょうが、これはぜひとも自分自身の目で確認しなければと思っていたので、妻子を迎えに行くついでに寄ってみることにしました

「オアシス1」があったのは、『東京都武蔵村山市本町2-112』

私の家からは、車でおよそ1時間なのですが、途中で寄り道をしたので約2時間ほどかかって到着しました

10ヵ月前に来ているので、大体この辺だというのは勘としてあったのですが、車のナビが「目的地周辺です」と言った時に、それらしい建物も見当たらず…

ただ、広大な空き地があったので、もしかしたらこれか?と思い、車を消費者金融の駐車場に止めて(スイマセン)確認することにしました

※多分「オアシス1」だろうと思われた空き地はこれです

その後、後でストリートビューと比較・照合できるかも?と思い、道路の入った写真も撮っておきました。これです

帰宅してから、照合してみたらやっぱりそうでした(左が私の撮った写真、右がストリートビュー。スマホで見ると上と下かも)

※写真の赤マルの会社は同一の会社です

閉店の情報が嘘だとは思っていなかったのですが、現実に見るとやはり淋しいですね

スポンサーリンク

ここからは過去の回想です

10ヵ月前に訪れた時はいろいろ懐かしい機種を打ち、何度か大当たりも引けて(正直パチンコの釘は厳しかった)、最後に打ったのがこれです

「コータローまかりとおる!」

2007年の台らしいのですが、一度も遊戯したことはありません

この「オアシス1」は、パチスロは打ちたい台があった際に店員さんに電源を入れてもらわないといけないんですよ(パチンコは大丈夫)

電源を入れてもらう際に店員さんに「液晶壊れててうつらないけど大丈夫?」と聞かれたのですが、何台も電源入れたり消したりさせるのも申し訳なかったので、大丈夫ですと言いました

液晶が壊れているせいで、ちんぷんかんぷんで遊戯していたのですが、なんとか当たりも引け、RTにも突入!

ただ、RT中なのにやたらコインが減るんですよ…。その時は、昔の台なのでそういうもんかと思っていました(実際そういう台もあったので)が、帰ってから調べてみるとなんと

「RT中は液晶で左リールに狙う図柄を告知」

そりゃコイン減りますよね(笑)

打っている途中で店員さんがジュースを差し入れてくれたり、心遣いが嬉しかったですね。その時は結局15000円程負けて帰ったと記憶しています

また来たいし、頑張って営業を続けてくれることを祈っていたのですが、本当に残念です

現在のパチンコ業界に一言

昔の台の方がよっぽど射幸心も煽らないし、懐にも優しかったし、面白い台も多かったよ!

もう少しお客の立場に立って、店の営業や台の制作もやってほしい!!

昔の「フィーバーパワフルⅢ」や「フィーバークイーン」なんて、変なスーパーリーチが無くたってものすごい面白かったんだから…

閑話休題

この記事の最初の方で、寄り道をしたと書きましたが、ここに寄り道をしたんです

東京都東久留米市「パチンコトーヨー」

なんかの間違いで、営業してくれていればいいなと思ったのですが、やはり閉店していました

トーヨーはまだ建物は現存してましたが…

本当にこの業界はもう終わりですね。画一的ではない、こういった特色のあるホールはどんどん淘汰されていってしまうんですね…

もうみんなぶっ潰れちゃえ

ちょっとダークになってしまいましたが、それではまた

クマ男

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする